行きたいなら、あきらめるな

  • 2020.02.24 Monday
  • 19:09

 

こんばんは、小野田です。

後期選抜まであと1週間。

そこで、心構えについて私からのアドバイスです。

 

この時期は、誰でも心が折れかけるタイミングが来ます。

特に、志望校に届きそうにない人ほど苦しいと思います。

しかし、今回言いたいことは1つ。

『受験終盤で、成績が足りない人もまだあきらめるな』

 

 

これは別に気休めや慰めではありません。

受験生が気が付ついていない、”間に合う可能性”が十分にあるということです。

 

終盤に成績が伸びるのはなぜ?

 

受験期終盤は、受験生が最も勉強に慣れ、自身の勉強法もある程度確立した状態です。

つまり、その人の受験期間の中で最も効率的に、最も多く勉強できるのがこの時期です。

勉強を始めたての頃と比べても、比較にならないほどの量を1日にこなすことができるようになっています。

 

つまり、1番成績が伸びる時期なのです。

この時期に志望校を諦めてしまうのは、非常に勿体ないことじゃないですか。

 

諦めたらそこで、志望校に合格する確率は0になってしまいます。

どれだけ成績が足りなくても、志望校合格を目指し、全力で今できることに取り組んでください。

そうやって逆転合格した人だって沢山います。

 

もちろん、全力でやれば必ず合格できるなんて、そんな甘い世界ではありません。

でも、合格できる可能性が少しでもあるなら、それを捨てる意味はないですよね?

本当にその高校に行きたいのなら、最後まで希望を捨てずに取り組んでください。

 

諦めてしまったら、今までの努力が実らないだけでなく、

自分との約束を破ってしまうことになる

 

自分のことを嫌いになるのは、辛いです。

残りの期間、入試勉強に精一杯取り組んでください。

綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、1つのことを諦めずに最後まで取り組めた人は成長します。

それは結果によらず…です。

 

当日まで全力で駆け抜けましょう!!

 

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM