サッカーボールは、なぜ白黒?

  • 2019.11.25 Monday
  • 14:58

 

こんにちは、小野田です!

 

みなさん、サッカーは好きですか?

W杯の前は非常に盛り上がったりと、

世界的に人気のあるスポーツです。

 

さて、サッカーには欠かせないボール。

『サッカーボールは、なぜ白黒なのか』

みなさんは知っていますか?

 

実は、昔のサッカーボールは茶色でした。

では、なぜ今は白と黒なのでしょうか?

 

日本と世界では、理由が大きく違います

 

どちらも考えてみてください!

 

 

【日本のヒント】

.茵璽蹈奪僂話秧Г任癸錬法日本では不都合

▲汽奪ーが日本に伝来したのは、19世紀後半

 (19世紀後半の日本を思い浮かべよう)

 

【世界のヒント】

・1930〜1950年代で普及したものの影響

 →これのせいで茶色では不都合に…!

 

 

さあ、分かりますか!?

これで分かった人は、

知識+ひらめきがgood°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

 

 

答え合わせといきましょう!

 

まずは、日本から!

 

A.地面と一体化しない「見やすさ」を求めたから

 

古くからサッカーが盛んだったヨーロッパには、

今のような芝がありました。

しかし、日本には土のグラウンドしかない…。

ボールと地面が一体化して見づらい!

 

そこで、土のピッチでも見やすいボールとして、

日本のメーカーであるモルテンが、白と黒のデザインのボールを、

1966年に初めて作って世に出したのです!

 

 

お次は、世界!

 

A.白黒テレビでの「見やすさ」を求めたから

 

当時、世界で普及しつつあった白黒テレビ。

白黒テレビでは、茶色のサッカーボールは白1色

非常に見づらい…!試合途中でボールが消える…!

 

そこで、日本の会社がデザインしたボールが注目されます

白黒テレビでも非常に見やすいと好評になり、

1970年のメキシコW杯で、初めての公式試合球として採用されました。

 

もちろん、今はカラーテレビが当たり前の時代なので、

W杯でもカラーボールが公式級として採用されています。

 

 

 

ものを作るときには「色」「形状」に何かしら理由があるのですね!

みなさんも、日常生活で「なぜ?」と思ったことを調べてみてください!

面白い発見が待っているかもしれませんよ!

 

 

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM