〇つけして満足!な人は成績が上がらない

  • 2020.07.11 Saturday
  • 13:40

 

定期テスト週間になり、中学生が毎日自習に来るようになりました。

毎日の勉強姿を見ていると色々と気になることが…。

 

定期試験の範囲の確認テスト(中3)。

解いたあとに丸つけ、点数を出して一喜一憂。

ここまではいいです。この後です。

 

いつも定期試験で400点以上取る人たちは、

当然のごとく”間違えた問題の解き直し”を始めました。

しかし!定期試験でいつも200〜300点台の人たちは…

解き直しをせずにプリントをかばんにしまったではありませんか!!

 

なんてことでしょう…。

「解き直しは?」と聞くと、

「え、するんですか!?」と驚く声や、

「え〜〜〜(面倒だなあ)」と嫌そうな声。

 

彼らはできない問題を覚え直す、理解しなおすということは嫌なようです。

これでは定期試験の点数が上がるわけがありませんね…。

 

確認テスト、小テスト、模試。

これらは受けて終わりでは意味がありません。

現状維持が続くだけです。

間違えた問題は必ず解き直す。または覚え直す。

面倒がらずにこれをやる人こそが成績が上がる人です。

 

これを見ている人の中にも、身に覚えがある人はいませんか?

何事も『できないものをできるようにする=進歩する』です。

自分の勉強のやり方、見直してみてください。

 

 

おのだ

 

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM